IT業界は他の業界と比べると、労働時間が長時間に及ぶ傾向にあります。現代社会の基盤になっているのがIT産業です。競争が激しい分野ですし、新しい技術が次々と出てくるため日々開発などに追われて労働時間について無視されやすい傾向にあります。しかし、出産や育児などを抱える女性の活躍も期待できる分野であり、多様な働き方を目指して改変の動きも出ています。就業時間についても、必ず業務に携わらなければならないコア時間制を設ける一方、その時間帯以外は自由に出勤や退勤ができる、いわゆるフレックスタイム制の導入も徐々に浸透してきているのが現状です。

1人で請け負う仕事の量が多かったりグループで仕事をしたりする際も、プロジェクトがなかなか進まないと遅れを挽回するために必然的に長時間労働化します。それはエンジニア同士のコミュニケーション不足により、情報が共有化されていない状態で起こることが多いです。役割を分担しながら進捗状況や仕事の内容について共有することにより、労働時間の短縮や休暇の取得をしやすい環境づくりを行うことが企業に求められます。多様な働き方の実現に向けては従来からの規定の見直しを図り、柔軟に就業時間を設定することが必要です。必要な時間に必要な人数を従事させることは、企業の経営にとっても効率的でいいアイデアを生み出すことにもつながります。多様な働き方を実現するには、まず労働時間の見直しから始めてみるといいでしょう。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2018 働き方は1つじゃない!. All Rights Reserved